国際会議論文 Edit

  1. Motoaki Kakuguchi, Minami Miyakawa, Keiki Takadama, Hiroyuki Sato, ``Evolutionary Algorithmic Parameter Optimization of MOEAs for Multiple Multi-Objective Problems," Proc. of the 2016 Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 2016 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS2016), pp. 30-35, 2016.
  2. Motoaki Kakuguchi, Minami Miyakawa, Keiki Takadama, Hiroyuki Sato, ``Multi-Objetive Optimization Problem Mapping Based on Algorithmic Parameter Rankings ," Proc. of the 2017 IEEE Symposium Series on Computational Intelligence (IEEE SSCI 2017) , pp. 2809--2816, 2017.

国内学会発表 Edit

  1. 角口元章,宮川みなみ,高玉圭樹,佐藤寛之,``最適な進化計算パラメータの差異に基づく多目的最適化問題群のマッピングに関する検討",進化計算シンポジウム2016, pp. 498-504,2016.
  2. 角口 元章, 宮川 みなみ, 高玉 圭樹, 佐藤 寛之, “進化計算のパラメータランキングに基づく多目的最適化問題群のマッピングに関する検討,” 第13回進化計算学会研究会,pp. 37-45, 2017.
  3. 角口元章,宮川みなみ,高玉圭樹,佐藤寛之,``目的数が異なる最適化問題群マップの生成に関する検討", 進化計算シンポジウム2017, pp. 274--282, 2017.

助成 Edit

  1. 電気通信大学創立80周年記念学術基金(電気通信大学基金)による学生等海外派遣助成 (2017/10/10)
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-21 (木) 17:30:16 (1440d)