実数値GAによる関数最適化 Edit

設計変数が実数値の場合の遺伝的アルゴリズム(GA)のデモを紹介します.実世界にあるパラメータの最適化などへの応用が考えられます.

アルゴリズム設定 Edit

シンプルなアルゴリズムを用いました.設定は以下の通りです.GAによる実数値の最適化には,他にも多数手段があります.

選択法ルーレット選択
エリート戦略1個体
交叉法Simulated Binary Crossover (SBX)
突然変異法Polynomial Mutation (PM)

シミュレーション実験 Edit

テスト関数1 Edit

\[ \Biggl\{\array{\text{Maximize} & f(x)=| \sin(x) \cdot x|\\ \text{subject to} & 0.0 \le x \le 17.0} \]
SINGLE3.gif

テスト関数2 Edit

\[ \Biggl\{\array{\text{Maximize} & f(x)=\sin(x)^3+0.5 \cdot x\\ \text{subject to} & 0.0 \le x \le 17.0} \]
SINGLE4.gif
添付ファイル: fileSINGLE4.gif 27件 [詳細] fileSINGLE3.gif 30件 [詳細]
トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-05 (月) 23:20:24 (73d)