国際会議論文

  1. Tomoaki Takagi, Keiki Takadama, and Hiroyuki Sato, ``A Preliminary Study on Weight Vector Distribution Control Based on Intermediate Objective Value," Proc. of 2018 JPNSEC International Workshop on Evolutionary Computation, pp. 20--26, 2018.
  2. Tomoaki Takagi, Keiki Takadama, and Hiroyuki Sato, ``A Distribution Control of Weight Vector Set for Multi-objective Evolutionary Algorithms," Proc. of the Bio-inspired Information and Communication Technologies (BICT 2019), Lecture Notes of the Institute for Computer Sciences, Social Informatics and Telecommunications Engineering (LNICST), Vol 289, Springer, Cham, pp. 70--80, 2019. Web, PDF

国内学会論文

  1. 高木智章, 高玉圭樹, 佐藤寛之, ``多目的進化計算における重みベクトルの分布に関する基礎検討", 第28回インテリジェント・システム・シンポジウム, p.165--170, 2018.
  2. 高木智章, 高玉圭樹, 佐藤寛之, ``分解に基づく多目的進化計算における重みベクトル群の分布制御に関する検討", 進化計算学会進化計算シンポジウム2018, pp.160--167, 2018.
  3. 高木智章, 高玉 圭樹,佐藤 寛之, ``多目的最適化問題の目的関数空間における解の存在域に関する分析", 第15回進化計算学会研究会, pp.42--47, 2019.
  4. 高木智章, 高玉 圭樹,佐藤 寛之, ``重みベクトルの部分集合選択による進化型多目的最適化に関する基礎検討", 電子・情報・システム部門大会, 電気学会,pp.1060--1065, 2019.
  5. 高木智章, 高玉 圭樹,佐藤 寛之, ``進化計算による多目的最適化における 重みベクトル群の適応配置に関する基礎検討", 第16回進化計算学会研究会, pp.28--32, 2019.
  6. 高木智章,高玉圭樹,佐藤寛之,``非劣解サンプリングのための多目的進化計算における環境選択法の比較評価",進化計算シンポジウム2019,進化計算学会,pp. 143-151,2019.
  7. 加納謙介,高木智章,髙玉圭樹,佐藤寛之,``格子型多数目的進化アルゴリズムにおける分解粒度の適応的決定に関する検討",進化計算シンポジウム2019,進化計算学会,pp. 201-205,2019.
  8. 山本康平,高木智章,髙玉圭樹,佐藤寛之,``多目的最適化のベンチマーク問題マップとアルゴリズムマップに関する検討",進化計算シンポジウム2019,進化計算学会,pp. 264-268,2019.
  9. 川上紫央,高木智章,高玉圭樹,佐藤寛之,``多因子距離最小化問題における進化計算の性能比較",進化計算シンポジウム2019,進化計算学会,pp. 278-283,2019.
  10. 三好陵太,高木智章,髙玉圭樹,佐藤寛之,``競争群最適化における比較群サイズが最適化性能に与える影響",進化計算シンポジウム2019,進化計算学会,pp. 361-365,2019.

指導

  1. 平成31年度 ティーチングアシスタント(プログラミング通論および演習)
  2. Teaching Assistant, Topics in Informatics I: Evolutionary Computation (国際科目), 2019.

運営

  1. 情報処理学会 第126回数理モデル化と問題解決(MPS)研究会運営スタッフ

所属学会

  1. 進化計算学会
トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS